初心者におすすめの踊れるハウスミュージック7選! 【HOUSE DANCE , BGM, CLUB MUSIC】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ハウスミュージックを紹介するという事なんですけど一言でHOUSEって言ってもディープハウスやテックハウスなど種類が多すぎてどれから手をつけて良いかわからないって人もいるのではないでしょうか?

そんな初心者におすすめの単純に踊れるハウスミュージックをご紹介!

1.Raw artistic soul feat Jhon Gibbons – Keep on shining (vocal dub)

引用元: Mister Seiko /YouTube

まずはこの曲、”Keep on shining”フランスのプロダンス集団、”Serial Stepperz”が自分達のプロモーションに使用するってところで、もう踊れる事間違いなし。ちなみにストリートダンスのジャンルにも”HOUSE/ハウス”というニューヨーク生まれのダンススタイルがあります。

動画のダンスで”Serial Stepperz”が披露してるのがHOUSE DANCE、フットワークやフロアムーブで魅せるアンダーグラウンド感満載のダンスですね。

もちろん使用曲は、今回紹介したRaw artistic soul feat Jhon GibbonsのKeep on shiningです!

引用元:Serial Stepperz in One Shot House part – Karlos K Lekameleon Serial Step/Afraw /YouTube

2.Karizma – Didn’t See It Comin

引用元: Tumblklaat /YouTube

SPRでHOUSE MUSICの特集記事を書く時に必ず入ってくるアーティスト、KARIZMA。

彼の作る楽曲は、まさに踊れるハウス。

世界中にファンがいて、日本にもちょくちょく来ますね。

鬼才、KARIZMAの楽曲から今回は”Didn’t See It Comin”をチョイス!

3.Luxury – J.A.W.S

引用元: TheMusicPeople /YouTube

Luxuryを翻訳すると、”贅沢”という意味になりますが、この曲は本当に”贅沢”という言葉がピッタリの曲って印象。

個人的に盛り上がり絶頂のクラブフロアでかかったら陶酔してしまいます。

4.Domu presents Pete Simpson – Coming Back Around (Domu Re-Beat Mix)

引用元: PapaRecordsTv /YouTube

TOKYO FM 8.00 MH Skyrocket Company (スカイロケット カンパニー) のBGMとしても使用されている曲。

ハウスとブレイクビーツのフュージョンの様なビートが癖になる。ヴォーカルもマッチしてて歌物としても最高の作品では!?

さすが、”Domu presents”という冠なだけありまする。

SPR管理人はラジオの中の会社、スカロケ秘書の浜崎美保さんの外見も声も大好きです。

マジで綺麗!そして可愛い 笑

Skyrocket Company Web

5.The Wizard Brian Coxx feat. Sandy Spady – killing me

引用元: Gledis Mucaj /YouTube

これもまた最高のビートにメロディラインとヴォーカルがのっかってくる曲ですね。

New Yorkのナイトスポット、老舗クラブSin Sin & The Leopard Loungeで水曜日に開催されていたパーティ、”Soul Gasm”のレジデンツDJをつとめていたBrian Coxx。人としてもか〜なりのナイスガイです。

Sin Sin & The Leopard Loungeは、2階建ての小箱で1階がSin Sinで2階がThe Leopard Loungeでしたね。

残念ながらSin Sin & The Leopard Loungeは閉店→yelp

6.KiNK – Yako

引用元: FromTheVault00 /YouTube

ブルガリア育ちのアーティスト”KiNK”。

キャッチーな曲が踊れる楽曲というのは、玄人からしたら違う..という人もいるかな?という事で彼の曲を紹介。

エレクトロとジャズを掛け合わせたような”Yako”という曲ですね。

“KiNK”の曲は日本のiTunesで検索すれば容易に見つかりますが、是非色々聴いてみてください。

今回紹介の”Yako”以外にもたくさん良い曲が目白押し..というかこの曲全部同じ人が制作したの!?って感じの多彩なアーティストです。

個人的おすすめは “Inside Out”かな。

7.K2 – 2OOH Hott

引用元: IDWYINY /YouTube

大ネタと言われる名曲をKARIZMAが、リミックスするというこれまたなんとも豪華な企画!

エディットプロジェクト、「K2 Edits」から”2OOH Hott”。

“2OOH Hott”は、現在CDで手に入るけど、リリース当初はプロモーショナルオンリー、アナログレコードでしか手に入りませんでした。

“2OOH Hott”発売当時は即完売。

Deep Burnt – DJ KARIZMA REMIX

同じく同時期に発売された”Deep Burnt” (プロモ、アナログレコード “Unreleased Nuggets Vol.2″収録。CD、データ音源発売は無し)は名盤中の名盤で常に市場で高額取引されていると思います。

“Deep Burnt”を知らない人は、”Freddie Hubbard – Little Sunflower”ネタ使いの曲と言えばわかるでしょうか?

HIP HOP好きは、GAGLEの”雪の革命”の元ネタと同じって言えばわかると思いますね。

“Unreleased Nuggets Vol.2” – かなりのレア盤です!

元ネタ↓

引用元: bob coscolluela /YouTube

Added bonus.Hackman – Pistol In Your Pocket

引用元: amiraselia75 /YouTube

こちらは、おまけ(Added bonus)。

Hackmanの”Pistol In Your Pocket”。

この動画のバージョンは厳密に言えばリミックスで、日本で手に入るこの曲は別バージョンになります。

だけど、この動画のバージョンは本当に格好良い!!

WAVやMP4などで手に入る方法を知っている方、コメントください。

切実に手に入れたいっす!

こちらのGAMEも、おまけです↓

所感・まとめ

“初心者におすすめの踊れるハウスミュージック”という事で紹介してみました。

今回紹介したのは、「定番のアーティスト、これ聴いとけば大丈夫!!」..っていうのとは違って、筆者個人の所感で踊れる良い曲という意味で選曲しました。

Frankie Knuckles、LOUIE VEGA、MASTERS AT WORK、Kerri Chandler、他..のような”HOUSE MUSIC”と言えば..的なアーティストの曲は掲載してません。

ハウスやエレクトロの曲は無限にありすぎて、選曲する人によって好みが別れます。そして新しいハウスミュージックのアーティストを知る日々が続きますね。

多分ですが、ハウスDJやってても知らないアーティストの方が多いくらいでは!?

それは、言い過ぎかもしれませんが..

本日はこんな処で…m(_ _*)m

SNSでもご購読できます。

コメントを残す