『A Tribe Called Quest』 英語版Wikiを翻訳 ♯3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像引用元 : okayplayer.com

長期企画に挑戦中。

90’s HIPHOPを代表するアーティストと言える 『A Tribe Called Quest』の英語版WIKIをSeppuku Records スタッフが翻訳してみた。

今回の項目は、Albums より 『People’s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm

関連記事

Article Source

People’s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm

Jive Recordsと1年未満の契約を交わした後、Tribeは、Ben Woods/ベン・ウッズのプロデュースでファースト・シングル “Description of a Fool”をリリース。※ベン・ウッズは、Tribeのマネジメントも担当。

彼らのデビューアルバム”People’s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm“という商品は、遊び心満載のリリックアプローチ。”Can I Kick It?”,などを挙げると、コール・アンド・レスポンスが触発され、それからセーフ・セックス(性的感染症やエイズなどに対して防御した安全な性行為。)、ベジナリアンイズム(菜食主義)、ユースフル・エクスペリエンセス(若い頃の経験) などを扱い、愉快な内容となっている。

参考 『Can I Kick It?』

動画引用元 : TribeCalledQuestVEVO

Can I Kick It?
カテゴリ: ヒップホップ/ラップ

少なからず、巷に溢れているなんちゃってのハードコア・ヒップホップや、より左翼的な意識の側面があるヒップホップより、そのどちらにも当てはまらない。自由で独特のユーモアセンスを発揮している。

当時、このアルバムには、賛否両論の批評があった。The Village VoiceのCount Dracula/カウント・ドラキュラは、プルーストの小説を読んでいる時でもBGMとしてプレイする事ができる。”極めて素晴らしい”、”軽やかで心地良い”ユーザーに優しいアルバムと評した。The Source magazineは、自社雑誌において最高ランクのファイブ・マイク(五つ星ならぬ5つマイク)と格付け。

しかしながら、Rolling Stone誌のChuck Eddy/チャック・エディは、”過去最低のダンサブル・ラップの1枚”と書評、そして”it’s impossible to imagine how people will put this music to use.” 直訳 →”人々がこの音楽を聴く事を想像できない” – こんな音楽誰が聞くねん・・・とつづけた。

アルバムは、シングルカットされた “Bonita Applebum” そして “Can I Kick It?”のリリース後に勢いを増して、ゴールド・ディスクに認定されたのは、6年後。

このアルバムのリリース後に、Jarobi Whiteが個人的な理由でグループを離脱。

25周年記念版リマスター”People’s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm (25th Anniversary Edition)“が現在、Legacy Recordings と RCA Recordsから入手可能。

———————————–

今回は、ここまで・・・

翻訳しているソースがこちら → Article Source

♯3 あとがき

今回は、『People’s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm』でした。

『Can I Kick It?』のコール・アンド・レスポンスの感じ、動画があると伝わりますかね?

どうでしょうか・・・

Next #4 Albums – The Low End Theory

翻訳に対して、誤りや日本文的な相違などあればご指摘ください。

Article Information

  • 日本語版 – Wikipedia – A Tribe Called Quest
  • 英語版- Wikipedia – A Tribe Called Quest

 

参考アルバム amazon

People’s Instinctive Travels and the Paths of Rhythm (25th Anniversary Edition)

ピープルズ・インスティンクティヴ・トラヴェルズ・アンド・ザ・パスズ・オブ・リズム

SNSでもご購読できます。

コメントを残す