南波志帆 – Good Morning Sunshine

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

news_xlarge_nanbashiho_art201602

なんだか緩く過ごしたい1日の始まりに、その日最初の太陽を浴びた時に聞きたい。そんな印象の楽曲。メロディラインと彼女の歌声が作るハーモニーに浸りたい。リスナーを曲の物語、その世界観に導くストーリーテラー。ゆるフワ”マジックヴォイス”の虜になってまうで〜

Artist Profile

BeEPCHuCUAE4Ika

※写真は本人Twitterより引用。

芸能事務所、ホリプロ所属。福岡県出身のシンガー。1993年6月14日生まれ。小学校6年生の時に福岡市内で行われた歌のイベントに出演、スカウトを受ける。

2008年 『第3回モデチャングランプリ』(SCHOOL OF LOCK!主催)で準グランプリを受賞。矢野博康との出会いをきっかけに、自身の個性的な声を最大限に活かせるシンガーとしての道を歩む事を決意する。凛とした清々しい佇まい、ゆるフワ且つフレッシュで透明感のある歌声は、”マジックヴォイス”と表現される。

そのキャラが、数多くのクリエイター、ミュージシャンを魅了している。

好きなものは、スイカ、生肉、ゾンビ。

習字 九段。

上京のきっかけは、中学3年生の時に悩んだ末ひいた太宰府天満宮のおみくじが、大吉で「旅だて。」と書いてあったから。

菅原道真に背中を押されたと本人は言っている。

2016年、タワーレコード内に設立した自身のレーベル『sparkjoy records/スパークジョイレコーズ』よりメジャー3枚目、3年4ヶ月ぶりとなるアルバム『meets sparkjoy』を発表。

sparkjoy records

news_xlarge_sparkjoyrecords_logo

南波志帆、自身がタワーレコード内に立ち上げた、プライベート・レーベル。

“sparkjoy/スパークジョイ”は、南波志帆が大好きな言葉”ときめき”と言う意味合い。

“ときめき”は人によって感じるポイントが違うもので、確かにあるんだけど言葉で言い表せない、その良さを音楽で発信していきたいという想いから『sparkjoy records/スパークジョイレコーズ』というネーミングになっている。

そのレーベルから発表するアルバム第一弾が『meets sparkjoy』 (ミーツ・スパークジョイ)であり”ときめきに出会う”と想いを込めて。

『meets sparkjoy』 2016年4月6日リリース。

南波志帆 – Good Morning Sunshine

YouTube – TOWER RECORDS / タワーレコード -より

Good Morning Sunshine
カテゴリ: J-Pop

これぞ南波志帆の真骨頂。

突き抜ける様な心地良さ、アルバム 『meets sparkjoy』 のオープニングのナンバーに相応しい1曲。

“マジックヴォイス”でアルバムの中の世界に一気に落とし込まれる。

これが、”ときめき”なのか・・・ 笑

『meets sparkjoy』

news_xlarge_nanbashiho_jkt201604

トラックリスト

  1. 『Good Morning Sunshine』 作詞:fifi léger / 作曲:THE CHARM PARK
  2. 『夢じゃない。』 作詞:fifi léger / 作曲:THE CHARM PARK
  3. 『necco』作詞:持田香織 / 作曲:Tore Johansson、Martin Gjerstad、Susanne Johansson
  4. 『コバルトブルー』作詞・作曲:ブルー・ペパーズ
  5. 『Coffee Break』作詞:THE CHARM PARK、fifi léger / 作曲:THE CHARM PARK、URU
  6. 『ミモザ』 作詞:佐川ちとせ / 作曲:sugar me
  7. 『おとぎ話のように』作詞・作曲:吉澤嘉代子
  8. 『トラベル」』作詞:tofubeats / 作曲:Tore Johansson、Martin Gjerstad、Vilma Johansson
  9. 『にじいろの街で』作詞:fifi léger / 作曲:THE CHARM PARK
  10. 『Adieu Tristesse』作詞:fifi léger / 作曲:THE CHARM PARK
  11. 『Antique』作詞・作曲:市川和則

参加 作家陣

  • トーレ・ヨハンソン
  • 持田香織
  • tofubeats
  • 吉澤嘉代子
  • ブルー・ペパーズ
  • THE CHARM PARK

本人、絶賛の名曲揃い。良い意味で肩の力が抜けたアルバムになっている。

TOWER RECORDS : コメント

ときめきでコラージュされた宝箱のような世界と、ときめきがはじけ解放された自然体な­光の世界。 大人になりはじめた女の子が心に持ち合わせる対照的な2つの世界のときめきを等身大で­表現している。

Artist Information

SNSでもご購読できます。

コメントを残す