2000年代R&Bの名曲04「Crazy In Love」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年代R&Bの名曲ということで第4弾!
 
今回はアメリカはテキサス州ヒューストン出身のR&B好きならみなさんご存じビヨンセ(Beyoncé)の大ヒット曲。
2003年のソロデビュー・アルバム「デンジャラスリィ・イン・ラヴ」(Dangerously in Love)からのファースト・シングル「クレイジー・イン・ラブ」(Crazy In Love)。
現在では結婚し夫となったジェイ・Zをフィーチャリングした、8週連続ビルボード・ホット100シングルチャートで1位を記録した大名曲です。

 

「Beyonce feat.Jay Z – Crazy In Love」

 

一番初めのトランペットの音がとても特徴的で、その勢いある音でテンションをあげてくれます。その後はビヨンセの美声とトラックがうまくマッチして、さらにはJay-Zのラップがまた良いスパイスとなっています。
 
そしてこの初めの特徴的なトランペット部分のサンプリングソースはこの曲!

「Chi-Lites – Are You My Woman (Tell Me So)」

 

 
同じサンプリングソースの曲としては、1992年にKool G Rapがアルバム「LIVE AND LET DIE」に収録された#1 With A Bulletがあります。

「Kool G Rap & DJ Polo ft.Big Daddy Kane – #1 With A Bullet」

 

さらにはRockwilderによるRemixもトラックがなかなかいいです!

「Beyoncé ft.Jay-Z – Krazy in Luv (Rockwilder Remix)」

 

この曲も当時のクラブではヘビープレイされていました!
まさにフロアーキラーな1曲でしたね。
それではまた次回!

 

参考商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す