【世界音楽の祭典 in 浜松 2016】 静岡県 浜松市は日本が誇る音楽の都だった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

riv0061-033

浜松といえば、皆さんは餃子でしょうか?

2014年、ユネスコ創造都市ネットワーク・音楽分野の加盟都市に認定された静岡県、浜松市が『世界音楽』をキーワードに”世界の多様な楽器と音楽文化がジャンルを超え て融合しクロスオーバーする新しい形の音楽祭”を開催する模様です。

『世界音楽の祭典 in 浜松 2016 / THE WORLD MUSIC FESTIVAL IN HAMAMATSU』

しかし、何故に浜松で…


引用元 : 世界音楽の祭典 in 浜松 2016/YouTube

とりあえず、浜松市が音楽分野の加盟都市に認定されたというけれど、そのユネスコ創造都市ネットワークに加盟している国と都市ってどこなんでしょうか?

ユネスコ創造都市ネットワーク・音楽分野加盟都市

  1. イタリア – ボローニャ
  2. スペイン – セビリア
  3. イギリス – リヴァプール
  4. イギリス – グラスゴー
  5. ベルギー – ゲント
  6. コロンビア – ボゴタ
  7. コンゴ共和国 – ブラザヴィル
  8. ドイツ – ハノーバー
  9. ドイツ – マンハイム
  10. 日本 – 浜松市
  11. オーストラリア – アデレード
  12. ポーランド – カトビーツェ
  13. ポルトガル – イダーニャ・ア・ノバ
  14. ジャマイカ – キングストン
  15. コロンビア – メデジン
  16. コンゴ民主共和国 – キンシャサ
  17. ブラジル – サルヴァドール
  18. 韓国 – 統営 ※トンヨン
  19. インド -バラナシ

以上、世界の19都市がその2016年現在の加盟都市になるようです。

イギリスのリヴァプールなんて、ビートルズが育った街として有名で、日本からビートルズの故郷を巡るツアーがあるほどですよね。ボゴタは、ポップス、ロックから民族系まで様々な音楽が生まれる南米の大都市。インド音楽の中心を担う街バラナシや、おとなり韓国のトンヨンも定期的に音楽祭を主催している模様。

この様に認定されている都市には、しっかりと理由がある訳です。

静岡県 浜松市は日本の音楽の都

それではなぜ、日本の音楽の都が静岡の浜松になるの?という人もいるんじゃないでしょうか・・・浜松市は、『音楽のまち』というテーマで様々な文化的な事業に取り組んでいる都市なんですね。これを言えば、納得する人がほとんどのハズ。世界にも名を轟かす日本有数の大手楽器メーカーの本社の多くが浜松市に存在しているという事実。

  • 株式会社河合楽器製作所/KAWAI – 静岡県 浜松市中区
  • ローランド株式会社 – 静岡県 浜松市北区
  • 鈴木楽器製作所 – 静岡県 浜松市中区
  • ヤマハ株式会社/YAMAHA – 静岡県 浜松市中区

torakusu-yamaha

画像引用元 : wiki/山葉寅楠

全てはこの人から始まった・・・それが山葉寅楠という、日本楽器製造株式会社(現在 ヤマハ株式会社)の創業者。当時、機械修理工だった山葉寅楠が浜松市立尋常小学校のオルガンの修理を請け負った話は、インターネットで検索すれば容易に情報を見つける事ができます。

※ 山葉寅楠 – やまは とらくす

※ 浜松市立尋常小学校 – はままつしりつ もとしろしょうがっこう

簡単に言うと、オルガン修理をきっかけに、日本で初めて国産のリード・オルガンの製造に成功した人。本当に歴史を作った人ですね。

全ては紹介できませんが、静岡県 浜松市は、世界的に音楽分野加盟都市として認定されるに相応しい都市なんです。

世界音楽の祭典 in 浜松 2016

4_%e3%83%ad%e3%82%b3%e3%82%99

開催期日は、2016年 11月3日(木曜日・祝日)〜11月6日(日曜日)の4日間で、開催前の日曜日、10月30日には民族音楽のプレコンサートも実施される予定。

『世界音楽の祭典 in 浜松 2016』には『〜世界音楽を体感する四日間・音楽の多様 性と創造性を目指して〜』というサブタイトルが掲げられている。この音楽祭をアジア音楽文化と世界の音楽都市との交流拠点とするのがコンセプト。

音楽監督を務めるのは、2016年 リオデジャネイロオリンピックの閉会式セレモニーの導入曲「君が代」の編曲も担当した、作曲家、編曲家でトランペット奏者の三宅 純氏。


引用元 : 世界音楽の祭典 in 浜松 2016/YouTube

情報、詳細は、ホームページで確認

所感

p10336091-500x375

まず、こんな国際的なイベントが開催されるなんて、地元の浜松市民の皆様が羨ましいです。

実際どれくらいの規模で観客動員数なども今は想像できませんが街を上げての音楽祭を行うって本当に凄い事です。

うーん、是非とも取材に行きたいところだが・・・

『世界音楽の祭典 in 浜松 2016.〜世界音楽を体感する四日間・音楽の多様 性と創造性を目指して〜.』

SNSでもご購読できます。

コメントを残す