人気ラッパーZeebraを中心に日本初ヒップホップ専門ラジオ局「WREP」が開局

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒップホップ専門ラジオ局WREP

 

本日、2017年3月23日ヒップホップ的大ニュースが飛び込んできました。
日本では初めてヒップホップ専門のインターネットラジオ局「WREP」が開局するという事が、本日記者会見にて発表されました。

 

 

人気ラッパーのZeebraを中心にラッパー達が集まり、渋谷の「studio mission」でオープニングセレモニーが開かれました。
4月1日(土)15時より、なんと毎日24時間ノンストップで放送され、内容としては邦楽6割、洋楽4割のバランスで独自のコンテンツを展開していくとの事です。
Zeebraが企画を担当し、渋谷のクラブ「SOUND MUSEUM VISION」などを運営する株式会社グローバル・ハーツとのパートナーシップのもと運営される。

さらには公開収録が可能なスタジオ「studio mission」が渋谷区・道玄坂にオープンし、こちらは一般観覧が可能という事なので、こちらもとても楽しみですね。

 

現在でも既に「WREP」のサイトが公開されており、ネットからhttp://wrep.jpにアクセスし、「LISTEN LIVE CLICK HERE NOW」のバナーをクリックすると視聴できます!
今後は専用アプリをダウンロードし視聴する形態になるそうです。

気になる番組パーソナリティは以下のアーティストが担当する。

AI、EGO、UZI、USU a.k.a SQUEZ、AK-69、MC 正社員、MC RYU、ERONE(韻踏合組合)、OZROSAURUS、CREAM、KEN THE 390、Kダブシャイン、COMA-CHI、Zeebra、JASMINE、SKY-HI、崇勲、高木完、DABO、D.O、DJ 8MAN、DJ TY-KOH、DJ RYOW、TKda黒ぶち、Tony Touch、MIGHTY CROWN、Lick-G、LUNA、LEON a.k.a. 獅子、など (五十音順、敬称略)

 

所感

アメリカのHIPHOP専門のラジオ局「WBLS」や「Hot 97」などは、日本でも聴いているという方も多く、日本にこんなラジオ局が立ち上がったら大人気になるはず!いやなってほしい。
フリースタイルダンジョンでヒップホップシーンが再加熱しているこのタイミングでの開局には本当にナイスタイミングとしか言いようがありません。
各番組がどんな内容になっていくのか、1リスナーとしても4月1日の本格稼働をとても楽しみにしています。

 

ツイッター上でも情報解禁されそれぞれのアーティストが番組の情報をツイートしていました。今後の詳細な番組の割振りも公開が待たれます。

https://twitter.com/USU_aka_SQUEZ/status/844749984817827841

 

WREP
http://wrep.jp

株式会社グローバル・ハーツ
http://global-hearts.com/

参照:渋谷新聞
http://shibuyajournal.tokyo/radio_wrep.html/

 

参考商品


ZEEBRA – 25 To Life(初回生産限定盤)


ZEEBRA – World Of Music

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す