1年間 毎週 フリースタイルダンジョンを文字起こしした結果,【2017年を振り返る】【SPR管理人の雑記】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、2017年も年末でございます。

先日フリースタイルダンジョン(以下:FSD)の地上波のO.A.も年内終了という事で、一区切りついたな..という感じになりました。

まぁ今回は雑記と称して無駄話的なものを少し〜、サイト立ち上げから2017年を振り返ってみます。

FSDのレポート 文字起こし きっかけ

東西!口迫歌合戦関連記事

改めまして、どーもSPR管理人です。

上のバナーは2017年の1月に製作されたものです。当サイトSPRの2017年は 2016年12月31日にAbemaTVで独占放送された特番、フリースタイルダンジョン東西口迫歌合戦の全10バトルの文字起こしから始まりました。

そもそもサイトを立ち上げた当初、2016年の1年間でFSDの文字起こしをしたのは2〜3回。ラスボス般若の登場やR-指定とGADOROのバトルが面白かったので、良いなと思った時だけ軽くやってました。

普通、記事を書いたら人が観覧しに来るまでに時間がかかるんですけど、FSDの場合は地上波での放送という事もあり、レポート記事を作成、アップロードした次の日にはポツポツと..1日に2〜3人見に来て頂けるという現象が起こってました。2016年の当サイトのアクセスなんて公表するのが恥ずかしいほど切ないものです 笑 そんな低いアクセスの中でFSDのレポートは 人が見に来てくれる内容なんだなという認識がありましたね。

崇勲 vs HIDADDY

それで、2016年の大晦日ですよ。東西口迫歌合戦を見ていて、ま〜ぁ盛りがったじゃないですか。展開的にも接戦で最後の最後まで東軍が勝つのか西軍が勝つのかわからないっていうね。それで..やってみようと。崇勲 vs HIDADDY 〜 DOTAMA vs R-指定まで順番にレポートを製作しようじゃないかと。

多いものでは1記事4000文字を上回っていますし作業時間は、多分32時間は超えてるんじゃないかと思います。

そして10記事全てをアップロードした次の日、1日のアクセスが1.5倍くらになったのを覚えています。そうこうしてるうちにFSDの2017年の地上波の放送も始まりまして、チーム梅田サイファーなんて魅力的なチャレンジャーがいきなり登場したりするもんですから、もう乗りかかった船だと…

当サイトSPRでは

「毎週、テレビ朝日 フリースタイルダンジョンのバトルを文字に起こして感想をつけたレポート記事を製作するぞ!!ゆけー!!」

..という指示を出した訳ですね。指示を出したと言っても、当サイトSPRのスタッフは 管理人とサイト構築をしているウェブマスターの2人しかいないので..

わたくしが毎週 文字起こしをして記事を製作する事になったのでした。

FSDのレポート 文字起こし 本音

さぁ 毎週の様にFSDを見ては 文字に起こすという作業が始まりました。

本音を言いましょう。けっこう辛いです。

..というのも管理人的にもイマイチ盛り上がらなかったな〜とか感じるオンエアはありますよね。テンション上がらない放送は そりゃある。確か2017年2月は チーム戦で出てくるチャレンジャーのほとんどが1st STAGEで負けるっていう。3人チームなので最初に3on3でもやらない限りラップしないで帰っていく挑戦者もいる訳で…盛り上がりもせず、3ターンでRoundだけ稼いで負けられた日には、作業量だけ嵩むじゃねーかよ..とすら思いましたよ。

文字数は1記事、多い時で6000文字超え、わお!

それでも他にコンテンツを作る案件もないし、今は増やせる記事を増やさなければいけないという使命感から、作業してました。

ヒップホップ専門ラジオ局WREP

2017年3月23日ヒップホップ的大ニュースが飛び込んだ日、日本では初めてヒップホップ専門のインターネットラジオ局「WREP」の開局が決まりましたね。年末となった今ではFSDの情報なんかは当たり前に「WREP」で集めてます。

WREP定着してる〜。

TKda黒ぶち、崇勲そしてNAIKA MCで結成されたチーム パンチラインフェチズの登場、呂布カルマのシングル戦と話題になった試合の時期は やらなきゃー!! ..とね。TKda黒ぶちとR-指定の3Roundに及んだバトル、NAIKA MCと般若のぶつかり合い。呂布の切腹などなど。盛りだくさんでしたね。

そして2017年6月 晋平太の乱があるんですね。

一揆が起きたと言っても過言ではないです。

初代モンスターを卒業させるに相応しいチャレンジャーは!? じゃあ晋平太でいこうと..ブッキングしたまでは良いが、結果はジブさんもビックリ、史上初のダンジョンクリア、晋平太100万円獲得。このタイミングでモンスター全滅っていう。

しかも晋平太の場合は 3ターンのルールのままという、半端じゃないです。

個人的に納得いかなかったのはSPRの記事、T-Pablow戦の方が漢a.k.a.GAMI戦よりもアクセスが来たってところですかね。あれだけ感動的なMC漢のバトルよりも不良が胸ぐら掴んだだけの試合の方が好きなのかな〜って。やはりイケメンは強いなと 笑

6月のこの時期は初代モンスターのMONSTER VISIONのリリースもあり、Dungeon MonstersとしてMステに出演したりしていて、何かと騒ついた時期でした。

色んな要素がからみ合って、2017年6月のアクセスは ぶっちゃけた話10万PV到達が見えるほど。

この時期はモチベーションも上がりました〜 笑

そこから初代モンスターが卒業して、現在の2代目に交代、〜年末..現在のSPRのアクセスの方は 可もなく不可もなくという感じ。

ただ、2代目モンスターになってから年末の間に、筆者にとっては大きい影響を及ぼす事件が起きました。それはシングル戦になった事、そして4th season Rec4-1 2017年11月7日放送分よりバトルのルールが改正。1ラウンド2ターン制に変更された事でした。

1ターン減るだけで作業量にかなりの変化が出ました。

本音を言うと..文字起こしする側からすれば、ありがたいと思ってしまう..のは当たり前ですね。すみません。

【黄猿 vs 裂固】2017年11月7日放送分の記事で2ターンになってバトルがスッキリ見えるという感想も書きましたが、それはそれで本当の話で嘘じゃないので信じて欲しいです 笑

当たり前ですが文字起こしは 全て手作業です。なのでサイトを訪問してくださった方々に、ちょいちょいコメントで判定などの間違いを指摘されては、添削を繰り返しました。管理人も記事を書いてから数日間は見直したりもして誤字などをチェックしていますが、ミスを指摘してもらえてありがたいと思えるのが本心で、それがなかったら細い判定数などは未だに間違えたままかもしれません。

ご指摘頂いた匿名様方 本当にありがとうございます。

こんな感じで1年間毎週、(総集編などの特別プログラムはのぞいて) FSDのレポートを作成してました。

2017年を振り返って

Seppuku Recordsというタイトルですが、これ本当に何も考えずにつけました。今では少し考えれば良かったと話していますが 笑 サイト立ち上げ当初は、とりあえず何でも良いから、このインターネットの世界に自分達の居場所を作りたい。ジャンルは音楽系、サイトタイトルは数時間の会議をして決まらなかったので、埒が明かないならSPRで良いでしょって感じでした。

手探りの2016年を経て、2017年は、とにもかくにもFSDでした。1年間毎週 更新できたという達成感はあります。しかし管理人としては..これ〜良くないなと、反省する部分もあります。他のサイトの更新もあるとはいえ、SPRは音楽系の情報と言いつつもFSD以外の記事を半年以上入れられてないんですよ。今、うちのサイト訪問したら目に見えるほぼ全ての記事タイトルが『 〜vs〜 FSD』という..これは如何なものかと思ってます。

良かった事と言えば、お金ですかね。

あ、勘違いしないでください。全くと言って良いほど儲かってないです。このサイト見たら言わなくても分かると思いますけど 笑 それでも、SPRの1サイトだけの売り上げで、ここ2年分赤字だったネット上で言う家賃(SPRだけの維持費と考えた場合のサーバー代金)を支払う事ができた上で更に2018年1年分もギリギリ更新しました。これに関しては深く書きませんが、共感できる人だけ共感してくださいませ。

1年間もっと色んな記事を色んな人達に届けたかったのですが、それはできませんでしたね。できる事をやるしかないと考えた時の最低ラインが、FSDの文字起こしは毎週やると言う事でしたが、うーん。

総括としては..継続から生まれる事は何かしらある、でももっとできたでしょ。

..みたいな感じですかね。

飛躍はしましたが、もっと飛べたはず。

とりあえず今年は今年という事で、どーか1つ。

皆様、大変お世話になりました 良いお年をお迎えくださいませ。

SPR管理人より..

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. アギラー アントニー より:

    2017年、文字の書き起こし大変お疲れ様でした。
    もちろん、それだけではないと思いますが
    いつも楽しみに見させてもらっています。

    最近は友達と全FORK戦の朗読会などをやっております。笑
    友達は特別ヒップホップファンというわけではありませんでしたが、
    ダンジョンや実際に文字を読んでラップの魅力に少しずつ
    惹かれていっていると思います!

    今年は自分でも何年かぶりに曲を作ろうと思っているので、
    出来上がったら是非送らせていただきます。

    今年もよろしくお願いいたします!!

    1. 管理人 より:

      >アギラー アントニー様

      コメントありがとうございます。

      >今年は自分でも何年かぶりに曲を作ろうと思っているので、
      出来上がったら是非送らせていただきます。

      それは凄いニュースです!!楽しみにしております!!

      その時は、お時間の許す限り色んなお話聞かせてくださいませ。

      管理人

コメントを残す