【日本レコード大賞】1億円買収問題 業界の暗い闇!?【三代目 J Soul Brothers】【週刊文春】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事は、日本レコード大賞にまつわる話です。

芸能界の闇とも言うべきか・・・2016年10月27日/11月2日の2週間にかけて発売された週刊文春に日本レコード大賞に関する問題記事が掲載されました。

三代目 J Soul Brothers、EXAIL、LDH、バーニング、Avex、TBS..それぞれが交差する..

芸能界の闇 vs ジャーナリズム!?

この件について、少し触れてみようじゃないかと・・・

この記事は、三代目 J Soul Brothers、EXAILその他関係者、団体を誹謗中傷するものではありません。

日本レコード大賞

『レコ大』/『日本レコード大賞』は、日本の新聞記者による投票を中心に決定する音楽賞。

それでは事に触れる前に、過去10年分(現在2016年11月)の日本レコード大賞の大賞受賞曲のデータを見てみましょう。

大賞受賞曲 一覧 2005-2015

  • 2005年 第47回 Butterfly-倖田來未
  • 2006年 第48回 一剣-氷川きよし
  • 2007年 第49回 蕾-コブクロ
  • 2008年 第50回 Ti Amo-EXILE
  • 2009年 第51回 Someday-EXILE
  • 2010年 第52回 I Wish For You-EXILE
  • 2011年 第53回 フライングゲット-AKB48
  • 2012年 第54回 真夏のSounds good!-AKB48
  • 2013年 第55回 EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜-EXILE
  • 2014年 第56回 R.Y.U.S.E.I.-三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
  • 2015年 第57回 Unfair World-三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

日本レコード大賞1億円買収問題

三代目 J Soul Brothers

上記を見ると2014年、2015年と2年連続で日本レコード大賞は、三代目 J Soul Brothersが受賞した訳なんですが..週刊文春が報じたのは、この受賞の裏側で見えない力が働いていたという事でした。

三代目 J Soul Brothers(※以下 三代目JSB)

簡単に説明すると、EXILEは、もちろん三代目 JSBが所属する事務所”LDH”が大手芸能プロダクション”バーニング”に1億円を払い賞を得ていたという内容で、その請求書のコピーが文春の誌面に掲載されました。

株式会社 LDH 様

下記の通りご請求申し上げます

税込合計金額 ¥108,000,000

品名/金額
年末のプロモーション業務委託費として 100,000,000

Article Source ※←注:Link切れてます。

こんな感じでしたね。

色々な話は、あるようですが本当か嘘かは、ここで言及する話ではないので書きません..とりあえず言える事は・・・株式会社バーニングプロダクション代表取締役社長 周防郁雄氏は”芸能界のドン”と言われる人物であり業界で大きな権力を持っている人物。

週間文春の記事を鵜呑みにした話をすると、バーニングと三代目 JSBを手がけているAvax/Avex Groupが強力に働きかけたという事みたいです。

三代目JSBやEXAILの楽曲の版権の一部をバーニングの子会社が所有しており、つまり売れれば売れただけバーニング側にも、その〜お金が発生するという・・・なので三代目JSBを押す事は、バーニングにも多大なメリットがあるという訳ですね。

※版権=著作権法による出版権であり著作物の複製・販売に関して専有する権利/
引用元:コトバンク

所感

money_yami_soshiki

かなりの大きなニュースであり、報じたのは今年大いに世間を賑わしている週間文春、日本テレビの情報ライブなんかからすれば大好物なネタのハズなのに・・・大手マスコミが、このネタに触れず、完全にスルー。

これもまた見えない力なのか、大人の事情なのか・・・

この件については、LDH、バーニング、AvexそしてTBSもコメント、言及はしていない。ただ、2016年10月23日EXAILの元パフォーマーであり”LDH”社長であったHIRO氏が辞任を発表している。何故急に? 理由は? やはりこの件は・・・

※追記 : 2016年11月14日発売の週刊現代に、バーニング 代表取締役 周防社長のインタビューが掲載されました。

rhythmzone

ちなみに2005〜2015年、過去10年の大賞受賞者を見てみると、EXAILが4回で、三代目JSBが2回と11回中6回がEXAIL関係者が受賞している事になると・・・

EXAILや三代目JSBが所属する”rhythm zone”というレーベルは、初代 J Soul Brothersやm-floを中心に1997年にavex music creative Inc./エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ株式会社が立ち上げたレーベル。

2005年の第47回、Butterflyで受賞した倖田來未も”rhythm zone”所属・・・という事は、違う方向から見たら11回中7回がAvex関係者の受賞となります。さらに過去にさかのぼると、Avex trax所属の浜崎あゆみが2001〜2003年と3年連続受賞していたりもしますが・・・

疑いだすとキリがないので何とも言えませんが、我々Seppuku Recordsは疑わしきは罰せずの姿勢を保ちます。

闇に葬りさられるのか..迷宮入ってヤツだろうか・・・

この記事は、三代目 J Soul Brothers、EXAILその他関係者、団体を誹謗中傷するものではありません。

Article Source ※←注:Link切れてます。

厳選!三代目 J Soul Brothers おすすめの10曲

Seppuku Recordsでも三代目JSBの楽曲を紹介しているので、この問題とは関係なしに皆さんチェックしてみては如何でしょうか?

関連記事:厳選!三代目 J Soul Brothers おすすめの10曲

SNSでもご購読できます。

コメントを残す